DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:劇的に回復~早起き療法

 「早朝の朝はとても気持ちがいい」


 これは、誰もが経験しているでしょう。そして雨の朝は、気分がダウン気味になります。誰もが共通の認識・体質を持つのは、人間の脳内にあるセロトニンという脳内伝達物質の働きによるものということが近年の研究で明らかにされました。


 おそらく、ほとんどのうつ病患者は、早朝の太陽、あの爽快な気分を忘れているのではないでしょうか。早朝おきて、太陽の光を30分浴びることを繰り返しただけでも、うつ病症状が大幅に改善されたというも実例も多いのです。


 うつ病症状克服にとっての大切な第一歩が、早起きをし、早朝の太陽を浴びることといってもけっして過言ではないのです。


 では、なぜ早朝なのでしょうか。そしてなぜ早朝の太陽は気分を爽快にさせるのでしょうか。近年の研究でうつ病の原因は、脳内伝達物質の働きが弱まる(放出量が少なくなる)ことによって生じるということがわかってきました。


 脳内伝達物質の代表的なものにセロトニンがあります。うつ病患者さんは、このセロトニンの放出量が、健康な人よりも少ないのです。


※ SSRIという抗ウツ剤がありますが、これはセロトニンを増やす働きがあり、うつ症状に大変効くといわれています。


 うつ病の治療に「高照度光療法」というものがありますが、これは太陽光と同じ明るさの光を浴びるという治療法です。そして最も効果的といわれる光の放射量が2500ルクスの照度なのです。この2500ルクス(照明の明るさの10倍程)の照度が、最も脳内伝達物質(セロトニン)の働きを活発化させるのです。


そしてこの2500ルクスと同等の太陽の光になる時間帯が、早朝なのです。


(続く)


 

スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

タグ : うつ病克服 うつ病症状 ウツ 希望 克服 うつ病、早起き、療迷⊆N督><br> <a href=

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © うつ病克服ブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。