DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:早朝運動療法
 朝早起きの人、そして朝早く起きて、ウォーキング・ジョギングをする人にうつ病の人はいないといいます。この理由はこれまで説明したとおりです。

 では、ランニングやジョギングの効果は他にもあるのでしょうか。歩いたり、ランニングをすることで脳は活発に活動し始めます。脳の働きが活発になると、頭がはっきりしてきて、健康な脳の状態を維持しようとする働きが生じます。

 脳に十分に血液や酸素が回っていない場合、脳内の血管で血液が積状態になっています。うつ病症状の人や自律神経失調症の人は、脳に十分な酸素・血液がまわっていないことが多いのです。

 ランニング・ジョギングをすることで、脳に血液・栄養分・酸素が十分にいきわたり、それに伴い脳内に積していた老廃物が運び出されます。身体のホルモンの分泌がさかんになり、全身の活力・新陳代謝が施され、脳の働きがいっそう活発になります。

ランニング・ジョギングを日々行う習慣がつくと、神経や脳の働きが活発になり、免疫力が強化されます。免疫力が強化されるということは、病気をしない身体、つまりうつ病にならない心と身体を形成することになり、これが再発予防となるのです。
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

タグ : 克服 希望 ウツ うつ病症状 うつ病克服 うつ病 早起き

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © うつ病克服ブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。